フード

日本とバンコクのファストフードの違い

更新日:

バンコクのファストフード

私は海外旅行へ行ったことが無い人、あまり行かない人からよく質問されることがあります。
それはこんな質問です。

「日本とバンコクのファストフードって味やサービスで違いはあるの?」

お国が違えば文化も違う、当然ファストフードにも大なり小なり違いがあります。
ということで本日は日本とバンコクのファストフードの違いについてお話ししたいと思います。

SUBWAY

私はバンコク旅行の際、かなりの頻度でSUBWAYのサンドウィッチを食べます。

  • 出発時に中部国際空港のSUBWAYで1食。
  • 夕飯を食べ損なった日の深夜に1食。
  • 夕飯は食べたけど何か物足りない時に1食
  • なんとなく食欲が無い時に1食。

理由は簡単、バンコク旅行初期~中期に私はタイ料理が苦手だったのでファストフードに頼るしかありませんでした。
その名残で、私の中に「バンコクの食事=ファストフード」という方程式があり、ファストフード店で食事をするとバンコクへ旅行に来た実感が湧くのです。
そのファストフードの中でもSUBWAYを好んで食べました。
バンコクで食べるマクドナルドはパサパサして美味しくないし、バーガーキングはボリュームがありすぎる、その点SUBWAYは野菜主体で健康的な気がするからです。
もう1つの理由は、私が住む田舎ではマクドナルドはそこら中にあるけど、SUBWAYは大型ショッピングセンターまで行かないと無いので物珍しさもあると思います。

さて、日本とバンコクのSUBWAYの味やサービスの違いですが、それほど大きな違いはありません。

  • 野菜の種類は日本もバンコクも同じ。
  • ソースは日本の方が種類が少ない(※)
  • サンドウィッチの種類はバンコクの方が多いと思う。
  • 日本では特別メニュー(アボガドを使ったもの)があるがバンコクには無い。
  • テイクアウトの場合、日本はパンを焼かないけどバンコクは焼いてくれる。
  • 日本のワンコインメニュー(500円)のようなものはバンコクに無い。

※私はバンコクで食べる時、ソースは「イエローマスタード+マヨネーズ」をチョイスするのですが、日本にはイエローマスタードは無く非常に残念です(ハニーマスタードはある)

ざっとこんなところです。

マクドナルド

マクドナルドも味やサービスに大きな違いはありません。
ただ味については、お国柄が出ていると思います。
中のハンバーグいついては「肉汁はどこへ行ったのかな?」と思えるほどパッサパサで美味しくありません。
恐らく外気温が暑いので、腐らないようによく焼くのでしょう。
それからポテトは、トマトケチャップとチリソースを付けて食べます。
店内にソースを乗せるプラスティック製小皿と抽出機があるのでお好みのソースを自分で用意します(もちろん無料)。

右下の小皿がポテトに付けるチリソース

こっちがトマトケチャップ(もしかしたらこの写真はバーガーキングのかも?)

吉野家

吉野家も味とサービスに大きな違いはありません。
牛丼の米は普通の日本米で日本国内との違いは無い。
でも牛肉は甘みが若干強いような気がします。

写真がブレブレ…

日本には無いメニューが…

まとめ

ということでバンコクのSUBWAY,マクドナルド,吉野家は、いずれも日本国内と比較してそれほど変わらない味とサービスなので安心して食べることが出来ます。
オーダーも簡単な英語で通じますからね。

ということで本日の記事は終了です。

-フード
-

Copyright© BeBeLog Review , 2019 All Rights Reserved.