フード

世界一No.1料理 マッサマンカレーを食べられるプーケットタウン

更新日:

世界一美味しい料理 マッサマンカレー

本日は、世界一美味しい料理 マッサマンカレーが食べられるプーケット タウン(Phuket Town)を紹介しようと思います。

この店へ行こうと思った最初のきっかけは、2年ほど前になります。
テレビの旅行番組のコーナーで「タイの幻の料理 マッサマンカレー」と紹介されていました。
でも私はあまり興味を持ちませんでした。
何故なら私はタイ料理は好きでしたが、タイのカレーはあまり好きでは無かったからです。
タイのカレーはココナッツミルクで味付けされ、なんとも言えない風味が苦手だからです。
よって「そんな番組が放映されてたなぁ…」ぐらいにしか記憶に残っていませんでした。
それからしばらくして…

私がタイが好きなことを知っている友人数人に「Attchangはマッサマンカレーって食べたことある?」と聞かれたのです。
何故何人もの友人が同時期にそんなことを聞いてきたのか?
それは…

マッサマンカレーとは?

マッサマンカレーとは、アメリカの人気サイト『CNNGo』が「世界で最もおいしい50種類の食べ物(World’s 50 most delicious foods)」という企画の中で第1位に選んだことから世界中で注目を集めています。

なるほど…
んで? どんな味がするの?

マッサマンカレーは、じゃがいもと鶏肉をホロホロに煮込んだタイカレーの一種です。タイカレーと聞くと「辛みが前に出た味」というイメージを持っている方も多いでしょう。しかし、カルダモンやシナモン、クローブといったスパイスをふんだんに使っているマッサマンカレーにはむしろ上質な甘みがあります。これらのスパイスは、タイカレーであまり使われることがなく、マッサマンカレーを今まで体験したことのない味わいにしていると言えるでしょう。また、ココナッツミルクやピーナッツを使っているため、濃厚なコクと芳醇な香りが感じられ、それらがジャスミンライスと絶妙にマッチします。ちなみに「マッサマン」とは「イスラム教の」という意味。宗教上の理由から豚肉を食べられない彼らは代わりに鶏肉を用いました。

「ウゲッ! やっぱココナッツミルク入ってるじゃん!」と思いながらも密かにマッサマンカレーに興味を持っていました。

マッサマンカレーに興味を持ったきっかけ

そして時は流れ今年の4月。
私は5月に再びバンコクへ旅行へ行くことになり、旅の計画を立てていました。
「今回はタイ料理を食べまくる旅にしよう♪」と考え、Twitterでフォローをさせて頂いている激旨!タイ食堂さんのブログを隅から隅まで読みつくしました。
そこで「トンローでマッサマンカレーを『PHUKET TOWN』」という記事を読ませて頂きました。
エントリーに掲載されているマッサマンカレーの写真はいかにも美味しそう!

ということで長い前振りになりましたが、今年の5月にプーケット タウンへ行ってきました。

プーケットタウン

プーケットタウンの場所

プーケット タウンの場所は、Thonglo Soi6 で、ココは私がタイマッサージの勉強で短期留学をした時に、散歩で何度も前を通ったところです。
※2018年1月の情報では、プーケットタウンはトンローSoi4へ移動したようです。

プーケットタウンの印象

お店の大きさは「エッ? こんな小さいの?」と思えるほど小さなお店でした。
Webの写真は大きさが全く分からないですね。

店内に入ったのはAM11:00、すでに2組のお客さんがいました。
店内に入って気になったのは「なんかトイレの臭いがするなぁ…」ということ。
トイレの芳香剤の匂いじゃなくて、床に落ちたおしっこが蒸発した臭いなので、この時点で相当テンションが下がりました。
しかし「これから世界一美味しい料理を食べるんだ!」と心を切り替えました。
すると店員さんがオーダーを聞きにきてくれたのですがスゲー無愛想…
再びテンションが下がってしまいました。
私は「マッサマンカレー」と「茄子とミンチの炒め物」を注文。
再び心を切り替え、料理が出てくるのを待っていました。

ついにマッサマンカレーと対面

8分ほど待つと、ついに念願のマッサマンーカレーが登場!
間髪入れず茄子とミンチの炒め物もテーブルの上に並べられました。

マッサマンカレー

まずは見た目をチェック!
日本のカレーのようにルーの粒子が細かトロトロした感じではなく、粒子の大きなドロドロした感じ。
上には2つ割の赤唐辛子と色合い用?の緑色の葉っぱが置かれていました。
そして横には、ナンを揚げたようなロティが添えられていました。
見た目は滅茶苦茶美味しそう♪(テンション回復!)

次に香りをチェック!
オォォォ… ココナッツミルクの香りが強烈… (T T)
スパイシーな香りも強烈!

次にロティの味をチェック!
これが旨い!
私はナンが大好きなのですが、ロティは全く別物。
サクッ!モチッ!とした触感で、噛むと甘味が出てきて本当に美味しい。

次にマッサマンカレーのルーの味をチェック!
一口含むとまず甘さを感じ、その後にピリリとスパイシーさを感じる味の2段攻撃です。
確かに私の苦手なココナッツミルク臭は強いですが、これならイケるかも?
っていうか旨い。

次に具材をチェック!
大きな鶏肉の塊がゴロッっと入っていて、固めの豆類,野菜類がふんだんに入っている。
これが、ルーにからめられてゴリゴリした触感を得られてとても楽しめます。

次にロティにルーを付けて食べると妙に納得。
素晴らしい一体感でした。
ココナッツミルク臭が苦手な私でも、美味しいと思えるレベルでした。

茄子とミンチの炒め物

茄子とミンチの炒め物ですが、これも普通に美味しかったです。
茄子とミンチの量のバランスも丁度いいですし、変なクセが無いので食べやすい。
写真で見ると凄く辛そうに見えますが、そこまで辛くはありません。
「辛いのがダメな人は食べないほうがいい」程度の辛さです。

プーケットタウンはおすすめ?

料理に関しては充分満足出来るレベルです。
残念なのは店内の便所臭いこと。
そして店員の接客レベルが低いこと。
「タイなんだからしょうがないよ、マイペンライの国だよ♪」と言われそうですが、私はタイで色々なレストランで食べてきましたが、タイでも清潔で、気持ちの良い接客をする店はたくさんありますからね。
「またプーケット タウンへ行きたいか?行きたくないか?」と聞かれたら「友達がマッサマンカレーが食べたいと言ったら連れて行くかも? 自分ではんんん…」と答えます。
でも「お店の場所が分かりやすい」,「世界一の料理を食べられる」,「味は美味しい」のでお勧めのお店だと思います。

ということで本日のエントリーは終了です。

-フード
-, ,

Copyright© BeBeLog Review , 2019 All Rights Reserved.