フード

タイのメジャーなスィーツ店 SWENSEN'S

投稿日:

SWENSEN'Sの紹介

今日はバンコクの大型商業施設の大半に店を構えるスィーツ点 SWENSEN'Sを紹介します。
私は1週間の旅で最低2回はここへ足を運びます。
私は特に甘い物が好きではありません。
でも何故かバンコクへ来ると、ここのスィーツが食べたくなります。
理由はこんなところ。

私がSWENSEN'Sを利用する理由

体が冷たいものと糖分を要求する

これは本能的な理由です。
クソ暑いバンコクを歩いていると、体の中に冷たいものを入れてクールダウンしたくなります。
そして旅行中は普段とは違った脳の使い方をするので、脳の活動がが活発になりより多くの糖分を体が求めてきます。

SWENSEN'Sに来るとバンコクへ来た実感が湧く

これは習慣的なものですね。
バンコクへ来るとこの店を訪れるので、ここに来ないとバンコクへ来た気がしないのです。

こういうお店は日本では行きにくいが海外は行きやすい

これは恥じらいといいますか…
日本でスィーツのお店へ行こうと思うと女性客が多く私のようなおっさんは行きにくいです。
また他のお店、例えばファミレスでスィーツを注文しようとすると「こんなおっさんが…」と思われるような気がして注文し難い…
でも海外だったら気にしなくていい。
"旅は恥のかき捨て"ってやつですな。
それにSWENSEN'Sは、日本同様女性客が多いですが、1人の男性客も結構見かけるので抵抗なく入店が出来ます。

日本のスィーツと比較して安い

私は日本でスィーツのお店へ行かないので、いまいち日本の店で食べるスィーツの料金は分かりませんが、日本のフランチャイズのコーヒーショップにあるスィーツと比較して安価だと思います。
SWENSEN'Sのメニューで私のお気に入りであるNutty Crispy Towrは109THB(日本円で約330円)で食べられますが、日本で同様なものを食べたら倍以上すると思います。

そしてもう1つの理由は…

女性店員の制服がパッツンパツンのボーダーシャツ+ミニスカートでなんとなくエロイ…

俺もやっぱおっさんだなぁ…

まとめ

SWENSEN'Sは、バンコクの大型デパート,ショッピングモールのどこにでも出店しています。
「味は並み」,「サービスは並み」,「タイ国内では料金も並み」と並み並みづくしのお店ですが、その分気軽に利用出来ると思います。
私のようなおっさんでも小さな勇気で利用できるとおもいますので、一度は足を運んでみてはいかがでしょう?

以上で本日の記事は終了です。

-フード
-,

Copyright© BeBeLog Review , 2019 All Rights Reserved.