旅行記

2017年7月バンコク旅行(アーカイブ)

投稿日:

説明

本日は2017年7月のバンコク旅行記を、1記事としてまとめてアップロードします。
興味ない方はスルーして下さい。

2017年7月バンコク行き決定

突然ですがバンコク旅行が決まりました。
前回の訪タイは2016年10月、実に8ヶ月ぶりの訪タイです。
私は、通常6ヶ月ペースでバンコクへ足を運んでいるのですが、ここのところバタバタしていたために2ヶ月も遅れてしまった…

今回の旅の概要

とりあえず現時点で決まっていることを説明すると…

  • 出発は7月下旬、期間は11日間(バンコク実働は9日半)
  • 便は台北経由 チャイナエアラインを利用。
  • 宿はSukhumvit Soi21にあるイテゥオン ゲストハウスを4日間利用。
  • 残りの日の宿は未定(NANA辺りで泊まろうかな?)
  • 後半は大阪の友人と合流してマッサージ三昧。

とりあえずこんなところです。

今回の旅の目的

今回の旅の目的は前回同様「写真,食,マッサージ」です。
具体的には…

  • 街のスナップ写真をたくさん撮影したい。
  • 本ブログで紹介したいお店,食べ物等の撮影をしたい。
  • よりたくさんの種類のタイ料理を食べたい。
  • カオマンガイをお店別に食べ比べをしたい。
  • マッサージ店の新規開拓をしたい。
  • でもトークセンは2回以上行きたい。
  • 耳掃除が出来るお店を新規開拓したい。

こんなところです。
出発前にリサーチをしなきゃ…

今回の旅の戦利品(ガジェット)

前回の旅と比較して今回の旅の戦利品は大幅に変わります。
ちなみに前回の戦利品は…

  • 現地で使う通信機器:Xperia Z3 Compact
  • 日本からの着信用電話:BlackBerry Classic
  • ブログ執筆用:iPad mini4
  • 旅のメモ用カメラ:Xperia Z3 Compact
  • スナップ写真用カメラ:RICOH GR

そして今回の戦利品は…

  • 現地で使う通信機器:iPad mini4
  • 日本からの着信用電話:BlackBerry Classic
  • ブログ執筆用:ポメラ DM200
  • 旅のメモ用カメラ:RICOH GR
  • スナップ写真用カメラ:RICOH GR

こんな体制で考えています。
現地で使う通信機器については、通話はしないのでiPad mini4で充分かな?と考えています。
ブログ執筆用として、ポメラDM200が初登場。
恐らく機内,24時間カフェで大活躍してくれるでしょう。
Soi15近くのHOLLYS CAFEでポメラDM200を使っているおっさんがいたら私と思って下さい。

ということで、簡単ですが2017年7月バンコク旅行の予定の報告でした。

2017年7月 バンコク旅行記(1日目)

1日目の行動

初日は当然移動です。
いつもは自宅→空港まで電車を使っていたのですが、今回は訳があって来るまで空港まで移動をしました。
これが大失敗でした!!

前日 22:00 ベッドに入るが全く眠れない。
当日 03:00 このまま寝ては寝坊すると思って身支度をする。
03:30 自宅を発つ。
05:30 セントレア近くの駐車場へ到着、その後 車内で就寝(約1時間)
06:45 駐車場のシャトルバスでセントレアへ移動。
07:00 セントレア着
07:30 チェックイン
09:50 名古屋→台北の飛行機が定刻どおり出発
11:30 台北桃園空港着
13:30 台北→バンコクの飛行機が定刻どおり出発
16:30 バンコク スワンナプーム空港着
17:00 入国手続き完了
17:10 シティーライン→MRTでASOKまで移動。
18:00 今回利用するホテル、イテワン ゲストハウス到着

ここまでが移動、トータルで15時間半の移動はさすがにキツかった…
せめてもの救いは入国手続きが30分で済んだことです(前回は3時間かかった)
では続きを…

18:30 Terminal21のフードコートで8ヶ月ぶりのカオマンガイを食す!
19:30 トンローにあるボスケ タイ マッサージで背中を徹底的に揉んでもらう。
21:00 再びTerminal21へ行き、8ヶ月ぶりのカオカームーを食す。
21:30 ロビンソン地下のTops Marketで飲み物を調達。
22:00 ベッドに横になった睡魔に耐えられず知らぬ間に寝ていた…

1日目のトピック

ボスケ タイ マッサージ

トンローにあるボスケ タイ マッサージは素晴らしかった。
移動の飛行機の中でとにかく背中が痛かったので、そこを徹底してやってもらうために「肩・背中のコース」をチョイスしたのですが、私好みの強いマッサージで、終わった時にはすっかり背中の痛みが無くなっていました。
実はボスケ タイ マッサージには他に無いマッサージがありまして…
それは消化器系マッサージ!
なんでも「内臓を掴み、体の声を聞き、体内環境を整える施術」らしいので、この旅行中に受けに行こうと思っています。

ということで、バンコク旅行初日の報告でした。
今日はどこへ行こうかな…

2017年7月 バンコク旅行記(2日目)

今日も精力的に動きました。
でもバンコクに来ながら健全な旅を楽しんでいる私は変わり者か?

2日目の行動

07:30 起床
07:30~08:30 お風呂、洗濯等。
09:30 店舗の先輩から頼まれた怪しい薬を購入するために薬局へ行く。
09:40 ジャスミン シティー ホテル横のスタバでブログの執筆。
11:00 Terminal21 フードコートでガパオライスを食す。
11:40~12:30 アーリーへ移動。
12:40 PANARY CAFEでアイスクリーム パンケーキを食す。
13:20 カオマンガイの老舗、ルアンセンでカオマンガイを食す。
13:30~13:50 サラデーンへ移動。
14:00 SABAI THAI MASSAGEでトークセン+タイ古式マッサージを受ける。
16:30 マッサージの悪影響で体が痛くてホテルで休憩。
19:40 Soi19の屋台でクッティアオを食す。
20:00 ホテル周辺をスナップ撮影。
21:00 私の学んだTTC SPA SCHOOLの跡地を訪れる。
22:00 ホテルの部屋でブログを執筆。

2日目のトピック

PANARY CAFE

今日のトピックスは、まずPANARY CAFEに行ったことです。
バンコクに一生住むさんのブログで紹介されていて、絶対に行きたいお店でした。
Twitterでもつぶやきましたが、アイスクリーム パンケーキというスィーツ系のパンケーキを注文したのですが、予想どおりクソ甘い。
でも熱々でサクサクしたパンケーキにアイスクリームが溶けて染み込んだところがたまらなく美味しかった。
旅行中、もう1回行くかもしれません。
その時は、惣菜系のパンケーキを食べてみようと思います。

ルアンセン

それからルアンセンのカオマンガイは本当に美味しかった。
まぁカオマンガイって作り方がシンプルなので、味の差はナムチム(つけだれ)の差ぐらいしか無いのですが…
でも(Terminal21のフードコートと比較して)ボリュームがあったし、ナムチムも私好みの味で本当に美味しかったです。

Soi19にある屋台

Soi19の屋台ですが、結構変わっていました。
セブンイレブン前の面積が狭くなった分、セブンイレブンの2F?に食事をするところが出来たみたいです。
それから新人の料理人が入ったのか、すげー段取りが悪かった。
いままでだったら注文して3分で出てきたのに、10分もかかってるし…
それに味が変わってしまいました。
何て言ったらいいんだろう?
基本的な味は変わっていないけど、パンチが無くなり上品な味になってしまいました。
私的には前の「オラッ!辛いだろ? 香草の臭いがプンプンするだろ? 旨いだろ?」というメッセージがガンガン来る味の方が良かった…
また1つ私の中の名所が無くなったような気がして、ちょっと寂しいです。

TTC SPA SCHOOL

それから久しぶりに私がタイ古式マッサージを勉強したTTC SPA SCHOOLの跡地へ行ってきました。
サラリーマンを辞めて、リラクゼーションという未知の世界に飛び込み、悩み、素敵な友人と出会った場所です。
凄く良い思い出が詰まった場所なんですが、いまは韓国の会社の倉庫になっています。
今日そこへ行き、30分ほどセンチメンタルな気持ちになっていました。

最後に…

SABAI THAI MASSAGEのクソデブなおばはんのおかげで、今日の夕方以降 体が痛くてたまりません。
80kgはあろうおばはんが私の背中に立ったのですから、その圧力は相当なものでしょう。
みなさん旅行中のマッサージは外れのセラピストに当たると大変な目にあいますので充分注意して下さいね。
ということで本日の記事は終了です。

このおばはん、危険につき…

2017年7月 バンコク旅行記(番外編)

今日はあまり体調が良くありません。
よって今日は無理をせずにゆっくりした日を過ごそうと思っています。
今日のバンコクは小雨も降っていますからね…
ということでいまTIMES SQUAREの1Fにあるスタバに来てブログを執筆しています。
今回の記事は、バンコク旅行記ではなく「今回バンコクへ来て思ったこと」をテーマにお話したいと思います。

外気温

まぁ予想どおりですが、いまバンコクは日本と比較して快適な気候です。
私は名古屋近郊に住んでいるのですが、現在 名古屋の方が圧倒的に暑い!
出発前の名古屋の気温は35℃前後、現在のバンコクの気温は29~32℃です。
3~6℃も違えば体感的に全然違いますからね。
超汗っかきな私が、外を歩くと若干汗ばむ程度なので充分快適です。

街の風景が変わった

これも予想どおりですが…
以前のバンコクは大通りやそのSoi(小道)に屋台がズラーっと並んでいました。
食べ物,飲み物,衣料品,お土産品,いかがわしい薬等… 22:00を過ぎると屋台のバーとかが出現していました。
その光景はとてもエネルギッシュで、見ているだけで楽しくなり、パワーがもらえるような気がしました。
しかし暫定政府の街中浄化の政策で?屋台群は次々に消滅していきました。
2016年10月にバンコクへ来た時は、フミポン国王崩御の影響もあって、その方針が加速していったように思います。
そして今回訪タイして、少なくとも大通りの屋台群は消滅していました。
「まるで別の街になった」とまでは言いませんが「屋台がたくさん出て賑やかだったお祭りが終わった後」のような寂しさを感じます。
まぁ今回の旅行は、まだアソーク,トンロー,サラデーン,アーリーしか行っていないので、そう判断するのは早合点かもしれませんが…
事実 バンコクの中心から外れたアーリーへ行って「現時点で屋台群の消滅はバンコク中心部だけっぽい」ということが分かりました。
それから「バンコクの中心部でもSoiへちょっと入ると、まだ屋台はある」ということも分かりました。
残された旅の時間は、そういう目線で街を歩いてみたいと思います。

実はその後、MBKへBTSで移動したのですが、BTSの電車の中からチットロムとプルンチットの景色を見てみると、やはりSoiには屋台群が生息しているようです(良かった良かった)

街がきれいになった

上記「街の風景が変わった」と関連しているのですが…

  1. 屋台が無くなったことで大通りの風景がスッキリしたように見える。
  2. ゴミが少なくなったように見える。
  3. 大通りの歩道が歩きやすくなった。
  4. 若干、大通りが静かになったような気がする。
  5. 屋台が無くなって大通り沿いの店舗が見えるようになった。

暫定政府の決めた政策の効果といっても良いのではないでしょうか?
私は観光客なので、ずっとバンコクに住んでいません。
よってバンコクの住民のことは分かっていません。
もしかしたらバンコクの住民にとって「屋台群があることのデメリット」があるのかもしれません。
そのバンコクの住民にしか分からないデメリットを解消するための政策だとしたら、暫定政権のやっていることに我々観光客はとやかく言えないのかな?なんて思ったりします。

まとめ

エェ… 現在 スタバでブログを執筆しているのですが、隣のテーブルで日本人同士がお見合いをしているようです(多分)
年齢は双方40歳前後といったところでしょうか?
最初はぎこちない会話でしたが、話が進むにつれて会話が弾んでいるようです。
うまくいくといいなぁ… と思いつつも、そっちに気をとられてブログの執筆が停滞してきたので、ここらで終わりにしたいと思います。

ということで本日の記事は終了です。

2017年7月 バンコク旅行記(3日目)

3日目の行動

ではとりあえず本日の行動を時系列で説明します。

09:40 起床
09:40~10:20 洗濯&お風呂
10:30 スタバでブログを執筆
12:00 BTSでMBKへ移動
12:30 MBKの4Fをくまなく俳諧
13:30 MBKのフードコートで食事
14:00 再びMBKの4Fを俳諧
15:00 MBKのCafe Amazonで甘ったるいカフェラテを飲みながらブログを執筆
16:00 風邪を引いたか? マッサージ疲れか?体調が悪いのでホテルで休む。
20:00 夕飯へ行こうと思ったら外は土砂降り… あきらめてまた寝る
21:00 小雨になってきたのでTerminal21のフードコートで遅めの夕飯をとる。
22:00 体調が戻らず再びホテルへ… 就寝

まとめ

ということで「移動の疲れ」,「デブおばはんのマッサージ」,「エアコンが効き過ぎた部屋」の影響なのか、私はすっかり風邪を引いてしまいました。
まぁ、こんな時もあらぁな…
残念ながら3日目は、特別みなさんに紹介するような出来事はありません。
気を取り直して、また新たな気持ち旅を楽しみます。
といっても体調はまだ完全に直っていないんだけどね。

ということで本日の記事は終了です。

2017年7月 バンコク旅行記(4日目)

4日目の行動

10:30 起床(といっても前の晩から1~2時間寝て起きての繰り返し)
11:30 何を血迷ったのか床屋へ行く。
12:00 熱があるので冷やそうとSwenSenssでスィーツを食べる。
12:30 体調が悪くホテルへ戻ってダウン…
16:30 何を血迷ったのか湯船につかりたくてSoi26にある柏屋旅館へ行く。
17:30 何かおなかに入れようと、エンポリウムのフードコートで夕飯。
18:30 さらに体調が悪化、再びホテルへ戻ってダウン…
00:00 SUB-WAYへ食事に出かけるが行くが気持ちが悪くて完食出来ず。

4日目のトピック

激安床屋

120THB(約360円)の激安床屋へ行ってきました。
タイの学生さんがよく利用しているみたいですね。
「ガァーっとバリカンでカットして、その後 掃除機みたいなものでカットした髪を吸い込んで終了!」こんな感じです。
ヘアースタイルにこだわらなければこれもアリなのかもしれません。

柏屋旅館

SABAI THAI MASSAGEで、デブおばはんに揉まれてからどうも腰の調子が悪く「湯船につかって体を伸ばしたい!」と思い、ネットで検索したところ柏屋旅館が見つかりました。
プロンポン駅から徒歩8~10分、Soi26の怪しげなマッサージ店がつらなる中に柏屋旅館はあります。
お風呂に入るだけだったら200THB(約600円)です。
日本のスーパー銭湯のように色々なお風呂があって、リラクゼーションコーナーがあって… みたいなところではありません。
「ちっちゃな銭湯」というのが一番しっくり来ると思います。
そう考えると200THBは高いと感じるでしょうが、ここはバンコクです。
気軽に寄れて湯船につかれるだけで、その存在価値は充分にあります。
ちなみにお湯はちょっと熱めでした。

まとめ

ということで、昨日は散々な1日でした。
という今日も体調が悪く、いまかろうじてTIMES SQUAREのスタバでブログの執筆をしています。
しかも今日はホテルチェンジの日です。
これからキャリーバッグを引きずってNANAまで移動します。
ということで、なんとも寂しいバンコク旅行4日目の報告でした。

ということで本日の記事は終了です。

2017年7月 バンコク旅行記(5,6,7日目)

5・6・7日目の行動

いつもでしたら時間毎にどこへ行ったかを記載するのですが、空しくなるので日にち毎に記載しますね。

5日目 ホテルを引っ越しASOK→NANAへ
6日目 Bai Po Massageでフットマッサージを1時間受ける。
7日目 ブレズクリニックで診察をしてもらう。
7日目 トンローにある銭湯でのんびり過ごす。
7日目 ようやく回復に向かってきたのでホテル周辺を散策する。

5・6・7日目のトピック

Bai Po Massage

6日目にBai Po Massageへ行ったのは行きたいから行ったのではなく、ホテルのクリーンスタッフから「掃除するから出て行け!」と言われたから仕方がなくホテルの真ん前にあるBai Po Massageへ行ったのです。

Business Inn ホテル

今回2回目に泊まったホテル、Business Innが素晴らしかった。
前回泊まったGround Business Innが大変良かったので、同じ系列ですぐ裏にあるこのホテルをチョイスしたのですが…
特に素晴らしいのは部屋から見える景観です。

駅に近い,部屋で喫煙可の2つしか良いところがない潔さが素晴らしいホテルでした。

BLEZ INTERNATIONAL CLINIC

私は海外で医療機関にかかるのは今回で2回目でした。
前回はツアー中に体調を崩してしまったために、ツアー会社の現地スタッフが海外旅行保険を利用する手続き等を全部してくれたのですが、今回は一人旅だったので書類が多くてとにかく面倒でした。
「もう… 面倒臭いから切り上げようかな?」と思えるぐらい面倒でした。
診察代 900THB(1,800円)+インフルエンザ検査代+薬代が無料になったんだから仕方がないですよね。
きっと元は取れていないのでは?
でもみなさん、海外旅行保険は絶対入っておいた方がいいですよ。

レッツ・リラックス

ここについてはまた別途記事を書きますが、なかなか良いところでした。
スクンビット通りとトンロー通りの交差点を奇数側へ1km?ほど走った右側にあるグランド センターポイント スクンビット55の5階にあるレッツ・リラックスという銭湯です。
私なりの感想を簡単に書くと…

  • ホテルがホテルなだけにすべてに高級感がある
  • 手洗いタオル,バスタオル,浴衣上下,すべてそろっているので手ぶらで行ける
  • 650THB(1,950円)と、ちょっと高いけどあの高級感なら納得。
  • 色々な種類のお風呂があるのは日本のスーパー銭湯と同様。

ちなみにお風呂の種類は…

  1. 下呂の湯(温度高め)
  2. 炭酸泉
  3. シルクの湯
  4. ジャグジー風呂
  5. 水風呂

その他設備としては…

  1. ドライサウナ
  2. スチームサウナ
  3. 岩盤浴
  4. クールルーム(こんなのあったんだ…)
  5. リラックスルーム

こんな感じで設備は普通に充実しています。
あとは銭湯+各種マッサージがパッケージとなったコースがあります。
先日お伝えした、柏屋旅館もお手軽で気に入りましたが、ここレッツ・リラックスも気に入りました。
まぁ私の場合は、風邪で3日弱寝込んでいたことで、背中の筋肉が凝ってほぐしたかったから余計に良い印象なのかもしれません。
冷静に考えれば、何で海外でスーパー銭湯? 普通の人はそう思うかもしれません。
でも安宿泊まりの身としては「湯船につかれる」というだけで、充分魅力的に思えます。

ということでバンコク旅行 5・6・7日目の報告でした。

2017年7月 バンコク旅行記(8日目)

8日目の行動

まだ熱があり、ちょっと歩くと呼吸困難になる私は、用心をしてホテル周辺で旅を楽しむことにしました。

09:30 起床
10:30 Business Innをチェックアウト。
11:00 私の定宿 Sam's Lodgeへチェックイン。
11:40 Terminal21で軽く昼食。
13:00 ホテルへ戻りたまっていた洗濯物を一気に洗う。
16:00 プルンチット ハサタートへ行き激痛足つぼを楽しむ。
17:30 Tops Marketで飲み物等を調達。
18:00 体調が悪くなってきたのでホテルで休む。
20:00 「コームーヤーンが食べたいなぁ…」と思っていたら意外なところに!
21:00 その場所へ行き、コームーヤーンを食べる

こんな感じの一日でした。
やっぱ異国の地では、体調が完全にならないと楽しめないですね。
この日のトピックスは、プルンチット ハサタートへ行ったこと。
前回ここへ行った時に当たったセラピストの腕がイマイチだったので、あまり良い印象を持っていませんでしたが、今回のセラピストは当たりでした。
場所の正確さ、力加減、その方法と、いずれもレベルが高くてとても勉強になりました。

その次はコームーヤーン(豚ののど肉焼き?)を食べれたことです。
今回「この場所へ行ってコームーヤーンを食べるんだ!」と決めていたお店があったのですが、この体調ではとても行けそうにありません。
そこで他の場所でも良いからコームーヤーンが食べられるところをネットで探していたところ、なんと私が旅行中ほぼ毎日行っているTerminal21のフードコート PIER21の店の中にあるではないか!
どの店かというと…「壁側の店舗で1番左、唯一KFC側に向いているお店」と言えば分かるでしょうか?
このお店にコームーヤーンを使った酸っぱ辛いサラダが40THBで売られています。
食べたら酸っぱ辛さは強烈でしたが、コームーヤーンの弾力のある歯ごたえと味を堪能することが出来ました。
このサラダはアリっていうか、凄く美味しいと思います。

ということで、バンコク旅行 8日目の報告は以上です。
実働 残り2日間しかありませんが、最後まであきらめずに楽しもうと思います。
ではでは…

2017年7月 バンコク旅行記(9,10日目)

やはり体調不良は最終日まで尾を引きました。
よって9・10日目もホテル近くで無理矢理楽しんだ感がぬぐえません。

9日目の行動

・留学時にお世話になったトンローにあるマッサージ店のおばちゃんに会いに行くが会えず。
・夜は友人JeabとTerminal21のMAXというタイ料理屋さんでイサーン料理を食べる。

10日目の行動

・再び プルンチット ハサタートへ行き、手のマッサージを勉強しに行く。
・いつも初日に行くOn NutにあるTasco Lotusへ Tシャツやらパンツやらを買いに行く。
・再びトンローにあるBosque Thai Massageへ行って背面を徹底的に揉んでもらう。

こんな感じでした。

9,10日目のトピックス

この2日間のトピックスは、まず友人Jeabと夕飯を共にしたこと。
Jeabの家の近くへ私が電車で行けば良かったのですが、私の体調が悪いことを気遣って、渋滞のSukhumvit通りをがんばって走ってきてくれました。
本当に感謝です。
Jeabも私も英語は片言… それでも何とかなります。
結局 タイ料理店+カフェで約2時間過ごしましたが、翻訳アプリ+絵を駆使して何とかコミュニケーションが取れました。
私がバンコクへ来る度にこうして私と会う時間を作ってくれるjeabに再び感謝感謝です。

エェ…ブログ執筆場所をTerminal21からホテルへと移動しました。
とりあえず最後に… 仕事でも遊びでもそうですが、やはり健康が1番であるということを今回の旅行でしみじみと感じました。
高いお金を払い、10時間以上かけてタイへ移動し、「さぁ遊ぶぞ!」と気合いを入れた数日後に風邪でダウン… 原因は大方分かっていますので、それは帰国後に2017年7月 バンコク旅行記(まとめ編)を執筆してお話したいと思います。
とりあえず1つの区切りとして、2017年7月のバンコク旅行記は実質最終日の本日をもって終了したいと思います。
ではでは…

2017年7月 バンコク旅行のまとめ

今回の旅行はあまり良い思い出がありませんが、旅行後の恒例記事なので色々書かせてもらおうかと思います。

なぜ今回の旅行がボロボロになってしまったのか?

みなさん、ご承知のとおり私は旅行3日目の夕方あたりから体調が悪くなっていきました。
普段の私でしたら市販薬を飲んで一晩寝れば翌日には回復しているのですが、今回は違った…
「日本の市販薬→タイの市販薬→タイの医療機関で処方してもらった薬」とここまで至ったが、結局 最後まで体調は戻りませんでした。
タイの医療機関で診てもらった結果、体調不良の原因は普通の風邪でしたが…
風邪を引いてしまった原因は、こんなことが考えられます。

1.睡眠不足

渡航の前の晩から不眠状態だったので免疫機能が落ちていたのではないかと思われます。
でもこれって毎回なんだよなぁ…

2.エアコン

原因としてはこれが1番怪しい。
何故なら今回泊まった3つのホテルですが、いずれも「On,Offのみ温度調整が出来ないエアコン」だったのです。
初日の寝る前は、シャワーを浴び体が温まった状態だったのでパンツ1丁でベッドに横になっていました。
この時は当然エアコンはOn。
しかし体温が下がってくると寒く感じてくるので布団をかぶりエアコンOff。
少し経つと今度はドア向こうの外気温の影響で暑くなり、布団を取りエアコンOn。
それを繰り返しているうちにエアコンを付けたまま寝てしまったのです。
当然気がついた時は死後硬直のように体はカチンカチン…
そりゃ風邪を引くわなぁ…

3.マッサージ

原因としてこれも怪しい。
初日に行ったBosque Thai Massageも、2日目に行ったSABAI THAI MASSAGEも基本的には、タイ古式マッサージを受けました(SABAIはトークセンを受けましたが最初にタイ古式でほぐしてからトークセンを行う)。
2店舗共 タイ古式の際にバーム(塗布するとスースーする薬)を塗って、プチオイルマッサージを行うのですが、バームで体温を奪われるために施術中は寒くて…
その時に風邪を引いた可能性も考えられます。

4.汗と雨

私はスーパー晴れ男なのですが、今回の旅行中はほぼ毎日 夕方になると雨に降られました。
その際、傘を持っていない私は雨宿りを余儀なくされたのですが、降り止む気配がなかったので、とりあえず近くの駅まで走りました。
当然、服はビシャビシャ… 走ったことで汗もかいています。
そんな状態で冷房がガンガン利いたBTSに乗り込めば… そりゃ風邪を引きますわ。

ということで、これらの4つの原因のいずれか、もしくは複合技で私は風邪を引いてしまったのだと思います。
次回訪タイ時は、特に前半はこれらのことを充分注意して楽しもうと思います。
あぁ… 本当にボロボロの旅行だったわぃ…後悔先に立たずって本当だな…

旅行の目的を達成することは出来たのか?

はい、風邪を引いてずっとホテルで寝ていたのでほとんど達成出来ませんでした。
でも全く達成出来なかったわけではなく…

目標を達成出来たこと

PANARY CAFEでパンケーキを食べた

バンコクに一生住むさんのブログで紹介されていた、アーリーにあるPANARY CAFEのパンケージは、今回の旅行で絶対に食べたかったものです。
私はデザート系のパンケーキを食べたのですが、一口目の感想は「甘ったるいなぁ…」でした。
でも口にパンケーキを運ぶ毎に印象が変わり、特にパンケーキなのにサクサクした食感、熱々のパンケーキにアイスクリームが染みこんだところがたまらなく美味しかった。
本当はもう1度PANARY CAFE行って総菜系のパンケーキを食べに行きたかったのですが、残念ながらそれは次回のお楽しみとなりました。

Bosque Thai Massageの施術を受けた

トンローにあるBosque Thai Massageへ初日&最終日の2回行きました。
しかし本当に受けたかった消化器系マッサージは残念ながら受けられず。
体調が悪いのに消化器系マッサージはね…
でも私が選んだ「肩・肩甲骨・背中のコース」は良かった。
行きの機内でずっと背中が痛くて「どこか背中を中心に揉んでくれるお店は無いかなぁ…… でもタイ古式マッサージってあまり背中を揉んでくれないんだよなぁ…」と思いながらホテルでBosque Thai Massageのホームページを見ていたところ「肩・肩甲骨・背中のコース」があるではないか!
早速、Bosque Thai Massageへ行き「肩・肩甲骨・背中のコース」を施術してもらったところ「揉んで欲しい場所」,「力加減」共に私が求めていたマッサージに限りなく近い施術を受けることが出来ました。
Bosque Thai Massage なかなか良かったですよ。
但し初日に担当してくれたセラピスト限定になりますが… 最終日に担当してくれたセラピストは「オイルマッサージをベースにしたマッサージ」で私好みではありませんでした。

良い銭湯を見つけた

楽しいバンコク旅行中に私が唯一気に入らないこと。
それは「シャワーのみで湯船につかれない、よって疲れが取れない」ことです。
私がいつも泊まる安宿では、まずバスタブは無くシャワーのみなので、本当にバスタブが恋しくなります。
でも今回、プロンポン駅近くにある柏屋旅館とトンロー駅近くにあるレッツ・リラックスという湯船につかれる場所をみつけました。
お勧めは柏屋旅館です。
設備&雰囲気的には「町の銭湯」ってところですが、「湯船につかる」ということを目的にすればプロンポン駅から徒歩8~10分で行けて、費用は200THBですむのですから結構良いお風呂だと思います。
私は以降のバンコク旅行で間違いなく常用するでしょう。

目的を達成出来なかったこと

これは色々あります。

  • ガパオライスの店別食べ比べが出来なかった。
  • ラマ4通り近くのガパオライス専門店へ行くことが出来なかった。
  • カオマンガイの店別食べ比べが出来なかった。
  • ちゃんとしたコームーヤーンが食べられなかった。
  • 色々な種類のタイ料理を食べることが出来なかった。
  • Bosque Thai Massageの消化器系マッサージを受けられなかった。
  • 有馬温泉の耳かきを受けられなかった。
  • SABAI THAI MASSAGEのNo.28ヨーさんのトークセンが受けられなかった。
  • 歓楽街(ソイ カウボーイ)の写真を撮りたかったが出来なかった。

こんなところでしょうか。

まとめ

まぁとにかく今回の旅行は、過去32回のバンコク旅行で2番目に最悪な旅行でした。
自業自得ですけどね…
でも部分的には目的を達成出来ていますし、それなりに楽しむことが出来たので、まぁ良しとしましょう。
次回訪タイ時は、体調管理に細心の注意をはらって万全な体調にして、旅を楽しみたいと思います。
半年後には行けるかな…

ということで本日の記事は終了です。

以上、2017年7月に行ったバンコクの旅行記でした。

-旅行記

Copyright© BeBeLog Review , 2019 All Rights Reserved.