経験と知恵

バンコクで詐欺にあいました

投稿日:

詐欺にあいました

本日は「バンコクで詐欺にあいました」というキャッチーなタイトルにしましたが、正確に表現すると "詐欺の被害に遭った" のではなく "詐欺師に会った"のです。
しかも3年半も前の話… キャッチされた方、ゴメンナサイ…

犯罪情報

結構 私は慎重派です。
例え慣れたBKKでも行く前にはバンコクで発生している近々の犯罪情報を旅行関係のサイトで調べてから出かけるようにしています。
3年半前も事前調べをしてバンコクへ出かけたのですが、当時流行った犯罪はこんなプチ詐欺でした。

犯行は男女の2人組で、中東の詐欺師です。
私の定宿があるASOK地区によく出没するらしい。

  1. まず気さくに声をかける。
  2. 「私はドバイから来た、新婚旅行に来ている」と話しかける
  3. 「あなたは日本人ですか?」と聞いてくる。
  4. 「日本人です」と言うと「妻は日本が大好き、今度 東京へ行くんだ」と言う。
  5. 素直に見せると"コッソリ中東の安い紙幣と交換する" もしくは "逃げる"

私はこのタイの犯罪情報サイトを見て「こんな分かりやすい手口をしてくる犯罪者なんているのかな?」と半信半疑でした。
しかし いるんですね…

詐欺師に会う

時は2012年9月、場所はSukhumvit Soi19です。
私は食事に出かけようとホテルを出ました。
すると中東っぽくない顔つきの男が英語で話しかけてきました。
その時 起こったことを英語で書くスキルがないので、日本語へ翻訳し会話形式で説明をします。

男:「この辺に寿司バーはないかな?」
At:「この辺りには無いよ、プロンポンへ行けばあるよ」
男:「OK!ありがとう、私はドバイから来た、新婚旅行なんだ」〜『ん?』
男:「君はどこから来たんだい?」
At:「日本だよ」
男:「Oh! 妻は日本が大好き、来月日本へ行くんだ」〜『ピーン!』
男:「日本へ行く前に勉強がしたい、日本のお金を見せて」〜『キタキタ!』
At: 「時間が無いんだ」※ここで相手の顔をジィーーーッと見る。
男:「OK、 問題ない…」そう言って男は足速に去っていった。

タイの犯罪情報サイトに書いてあることがそのまま行われました。
実はこの後、NANA駅近くのセブンイレブンで白人の少年にも同じ手口で声を掛けられました。
きっと犯罪者には私が間抜けな観光客に見えるのでしょうね。

旅行中犯罪の被害に合わないために

このように「こんな分かりやすい手口をしてくる犯罪者なんているのかな?」と思えるレベルの犯罪が普通に存在するのです。
よって犯罪被害に合わないためにも事前準備と対処法を覚えておくことが必要です。

渡航前に渡航先の犯罪のトレンドを掴んでおく

この時、私は事前にそういう犯罪が多いことを知っていたために、対処することが出来ました。
もしその犯罪のトレンドを知らなかったら「いいよ♪ 1万円札でいいかな?」とお金を見せ、盗られていたかもしれません。

怪しいと思ったら相手をジッと見る

もし誰かに話しかけられ「怪しいな?」と思ったら、相手の顔,全身を舐め回すように見ましょう。
きっとそそくさと退散すると思います(退散したら怪しい)
何故なら犯罪者は顔を覚えられるのを嫌がるからです。
まぁジッと見る前に、その場から立ち去るのが先決かもしれません。

まとめ

旅行中に犯罪に巻き揉まれると、楽しい旅行が台無しですからね。
荷物のパッキングだけでなく、犯罪のトレンドと対処法を知ることも旅の重要な準備だと思います。

ということで本日の記事ははここまで…

-経験と知恵
-

Copyright© BeBeLog Review , 2019 All Rights Reserved.