Android

Gemini PDAの初期設定 Vol.3

更新日:

Gemini PDAのセッティング変更

エェ… Gemini PDAを購入してからトライ&エラー的なことを繰り返しています。
こういう時期が1番楽しいし、色々と勉強になったりすりんですよね…

IMEアプリを行ったり来たり

IMEアプリが決まりません。
Google日本語入力で一旦落ち着いたのですが、Chromeのアドレスバーで絞り込み検索をすると1つ目のキーワードで確定してしまう問題が嫌で再びATOKへ戻りました。
しかしATOKの問題をもう1つ見つけてしましました。
例えばChromeでユーザー登録をするようなテキストボックスが並んでいるサイトで起こるのですが…

  • 1つ目のテキストボックスで日本語入力をOffにして英字で入力をする。
  • 2つ目のテキストボックス移へ動すると自動的に日本語入力がOnになってしまう。
  • だからまた日本語入力をOffにしないといけない。

簡単に書くとこんなところです。
それほど頻度が多い訳ではありませんが、前回の記事で書いた他の要因も相まって、ATOKを使うのが憂鬱になってきて、いまはまたGoogle日本語入力を使っています。

キーマップを元に戻した

元に戻したとは「o(オー)とバックスラッシュキーの入れ替えのみにした」ということです。
横並びのカーソルキーの位置変更は私には合わなかったからです。
私の指が十字のカーソル位置で慣れてしまっているので、横一列のカーソルだと誤入力が頻発してしまいました。
元に戻すと「、」位置の問題が再浮上しますが、それは体で覚えることにしました。

ブログ執筆アプリをEpsilon Notesに変更した

いままではJotterPadを使用していましたが、Markdown入力出来るアプリでもっと良いものはないか?とPlay Storeで探したところEpsilon Notesを見つけました。
評価がめちゃくちゃ良かったので導入を決めました。
導入直後は使い方がさっぱり分かりませんでしたが、試行錯誤を繰り返し何とか普通にMarkdown入力が出来るようになりました。
このアプリの良いところは2分割画面で、画面左でMarkdown入力、画面右側にブラウザプレビューが出来ることです(左画面のカーソルに右画面が追従する)
画面下にMarkdownソフトショートカットキーが表示されているのもGood。
Markdownをすべて覚えれていない私にとっては当面markdowの勉強にもなると思います。
もう1つ良いところは、画面上部に小さいながら文字カウンターがあることです。
文字書きをする人には必須ですからね。
さらに言うとこのアプリはハードウェアキーボードとの相性が非常に良いです。
ソフトウェアキーボードで画面が占領されている場合、非常に見難いし使い勝手が悪いと思います。
Gemini PDAやBlackBerry KEYoneにはもってこいのMarkdown入力アプリだと思います。
欠点はあまり使っている人が少ないのか? 使い方の参考になるサイトが少ないことですね。

Nova Launcher Primeを導入して後悔

Nova Launcher Primeを購入しましたが、結局BlackBerry Launcherへ戻しました。
Nova Launcher Primeは多機能のカスタマイズが出来てとても良いアプリですが、BlackBerry Launcherのキーボードショートカットキーの便利さにはかないませんでした。

まとめ

ということで、まだまだ決定的なGemini PDAの設定に落ち着いていません。
でもこういったトライ&エラーみたいな体験は嫌いではありません。
それに色々試しているうちに、体がGemini PDAに馴染んできました。
いま近所のカフェで本記事を書いているのですが、外でのGemini PDAの使用も慣れてきました。

ということで本日の記事は終了です。

-Android
-,

Copyright© BeBeLog Review , 2018 All Rights Reserved.