その他モバイル

ポメラ DM200~購入直後のレビュー編

更新日:

前書き

今日の記事は、私が運営しているもう1つのブログで書いた「ポメラ DM200を購入した直後のレビュー」を修正して投稿します。

ポメラ DM200の評判に対する私の評価

ポメラ DM200を購入し、普通だったら「開封の儀」や「ファーストインプレッション」をエントリーすべきですが、そんな情報はWeb上にゴミのようにあります。
よって当ブログでは「ネットに書かれているDM200の良い評判・悪い評判について、自分はどう評価するか?」を書きたいと思います。

良い評判

打ちやすいキーボード

これは利用者が絶賛している1つです。
「このキーボードのせいでApple Wireless Keybordを使いたくなくなった」という方がいるぐらいです。

→確かに素晴らしいキーボードです。
私の1番理想的なキーボードは、Happy Hacking Keybord です。
キー入力の感触を擬音語で例えるとHHKは「スッ…カシャ!」、一方DM200は「スッ タン!」という感じで打ち心地は全く違いますがとても小気味が良い。
共通しているのはキー入力が本当に心地良いのです。

ポメラ専用ATOKの変換が賢い

旧機種 DM100の日本語変換は相当おバカだったようで… それ故にDM200のATOKが優秀であるためにかなり評価が高い。

→確かに変換は優秀だと思います。
誤入力も察してくれて、自動的に理想的な変換候補を示してくれます。
それに「ワンダフル」と入力すると、変換候補の中に英語の「Wonderful」と出してくれるのは本当にありがたい。
BlackBerry OSでは、考えられないほど優秀です。

文章作成に集中出来る

「テキスト入力のみの機能しか無く、メールやSNSの通知等、集中力を邪魔することが無いので文章作成に集中出来る」
これがポメラ最大の良いところ。

→確かにそのとおりで、iPad mini4でブログの執筆をしていると色々通知が来てそっちに意識が向いてしまいます。
いままで「ブログの執筆中にメールの通知が来て、気が付いたらブラウザで他の調べ物をしている」ということが多々ありました。
iPad mini4やBlackBerry Classicを隣の部屋に置いて、DM200でブログの執筆をしていると本当に集中して文章が進みます。

剛性感が高い

前機種DM100や折りたたみキーボードの他ポメラと比較すると、剛性感が高くなった。

これについては、私はDM100 他を触ったことがありませんので、比較評価は出来ません。
でも確かに剛性感は高いと思います。
この剛性があるから、上記のキータッチが実現出来ているのでしょうね

白黒反転が目に優しい

DM200から白黒反転機能が付いたことで、ディスプレー光による目の疲れが軽減された。

→確かに目に優しいですね。
私は常時 白黒反転にしているので目が疲れません。

アウトライン機能が優秀

アウトライン機能で、文章の構成がしやすい。

→正直私はアウトライン機能を理解していません。
よって評価も出来ませんので、これから勉強していきたいと思います。

悪い評判

起動時間

DM100はディスプレーを開けてすぐに入力出来るが、DM200は4秒ぐらい待たされる

→ 私は4秒が待てないほど忙しい人生を送っていませんので全く問題ありません。

ポメラSync&アップロードが遅い

DM200にはポメラシリーズで初めて無線LANが標準搭載されました。
でもその無線LANはメールチェックやブラウザといった機能は付いていません。
iOSやMac OSのメモアプリと同期したり、Evernoteに送信するしか機能が無いのです。
世間の評判では、そのメモアプリの同期や、Evernoteに送信するのにやたら時間がかかり「使えない」という評判でした。
これはバッテリーの消耗を抑えるためか、常時ネットに繋がっているのではなく「必要な時に接続する」という仕様のために、接続時間+同期時間が必要で遅くなるのです。

→正直私は「そんなに遅いか?」と考えています。
確かに1分ぐらいはかかりますが、たかだか1分です。
みんな何をそんなに生き急いでいるんだろう?と思ってしまいます。 よってこの点について、私は全く問題が無いと思っています。

駆動が乾電池からリチウムイオンバッテリーになった

DM100は乾電池駆動なので電池が切れたらコンビニで乾電池を買えばDM100を引き続き使えるが、DM200はバッテリー駆動なのでバッテリー切れを起こしたらどうしようも無い(ポータブルバッテリーで充電は可能)

→私はバッテリー切れでDM200が使えなくなっても、ご飯は食べられるし、財政破綻をすることも無い、ただ使えなくなるだけなので全く問題はありません

重い・デカイ

折りたたみ式キーボード(DM10,DM25)と比較すると、重くてデカイから改悪

→これについては正直第一印象でそう感じました。
でもメカニカル駆動部が多いと壊れやすいですからね。
そしていくら面積が小さくても分厚いとちょっと…
DM200の大きさと剛性感があるからキーボードの素晴らしいキータッチ&キーピッチ17mmが実現出来てると思い、いまでは不満と感じません。

DM200に不満は無いの?

DM200を手にして2日目ですから「良いところしか見えていない」のは事実だと思います。
でもこれは何とかならないかな?と思うことはあります。

スペースを全角じゃなく半角で入れれるようにして欲しい

DM200は、日本語入力Onの状態だとスペースが全角になってしまいます。
私はスペースを半角で入力するので、PCのATOKのように設定で「スペースは半角?全角?」を選べるようにして欲しい。
現在は単語登録で「す」と入力すると半角スペースが入るように設定して使っています。

アップロードの機能を増やして欲しい

アップロードは、Evernoteにしか対応していません。
Dropboxにテキストファイルとしてアップロード出来るようにしてもらうだけで、かなり使い勝手が良くなるのではないかと思います。
いまはiftttでそれが出来るよう検討中です。

USキーボード版も出して欲しい

これは私の無い物ねだりですね。
私が所有するガジェット iMac,ThinkPad X220,BlackBerry Classic、いずれもUSキーボードなので、106日本語キーボードだと打ち間違いが発生してしまいます。
まぁこれも慣れるしかありません。
そもそも日本の文具メーカーのKing Jimが出している、日本語入力マシンに「USキーボードを出せ」というのが間違いですからね。
でもDM200をBluetoothキーボードとしてiOSで使うとキーの配置がUSキーボード仕様になるのは納得いかないが…

DM200はおすすめ?

DM200は本当におすすめです。
久々に良い買い物をしました。
DM200を購入するにあたって他の選択肢として、BlackBerry KEYoneを買うか、Happy Hacking KeybordのBluetooth版を買うかで迷いましたが、DM200を買って大正解でした。
どんな用途であれ、長文を入力する機会が多い人には、一考に値する商品だと思います。

続きは次回の記事で…

-その他モバイル
-,

Copyright© BeBeLog Review , 2018 All Rights Reserved.